あおウサギ先生の貧血診療所
ホームリンクサイトマップ

悪性貧血

悪性貧血は、名前を聞いただけではちょっと恐ろしい貧血に聞こえますが、どのような貧血なのでしょうか。原因が分からなかった昔では、命を落とす病気としてとても恐れられていました。現在では原因も解明され、治療も確立していますので、いたずらに怖がることはありません。鉄欠乏性貧血同様、治療すれば必ず完治します。

悪性貧血の原因

悪性貧血の原因は、鉄分が不足して起こる貧血ではありません。
ビタミンB12と葉酸の不足で起こるのです。

ビタミンB12や葉酸が不足すると、赤血球が造られるときの細胞分裂や増えていくことがうまくできず、赤血球になる前になくなってしまうのです。赤血球になる前の巨赤芽球が骨髄の中にたまってきます。このことから、この悪性貧血は別名、巨赤芽球性貧血とも呼ばれます。

ビタミンB12が不足する原因は、体がうまくビタミンB12を吸収できないことから起こります。うまく体内に吸収するには、胃に存在するタンパクの一つの因子が必要になり、この因子が不足していたり、腸内にいる細菌や寄生虫などがいると、ビタミンB12を奪われてしって起こるのです。胃の全摘出を受けている場合、この因子自体が出なくなりますので、手術後5年前後で悪性貧血の症状が出てきます。

胃の手術をした人ばかりではなく、肉を食べない菜食主義者の人にも多く見られます。

悪性貧血の症状

原因となっているビタミンB12の不足で、赤血球を造る前の段階である赤芽球の生成ができなくなります。

その他、この他にも胃粘膜や神経細胞、上皮細胞の成長にも関係しています。これにより、萎縮性の胃炎や知覚障害、舌炎などの症状がみられるようになります。

分類してみていくと、貧血症状として立ちくらみや倦怠感、脱力感、めまいなどがあります。神経症状として出てくるのが、手足のしびれやうつ状態、意識障害やふるえ等です。

消化器症状は、先に挙げた舌炎や食欲不振などになります。筋力が低下して指先の感覚がおかしく、食欲がなくなって貧血の症状があるようであれば、悪性貧血になっているかもしれません。

中には、下痢や便秘になる人もあり、毛髪異常の症状が出る人もいます。年代的には60代に多くみられますが、他の年代に出ないというものではありませんので注意が必要です。

悪性貧血の治療

治療を行う前に、ビタミンB12が不足して起きているものか、葉酸が不足して起きているのかを調べる必要があります。

この検査は血液検査で調べることができますが、確実なのは骨髄を調べて、そこに巨赤芽球があるかどうかを調べることで、どちらが不足して起こっている悪性貧血なのかが分かります。鉄欠乏性貧血の場合、不足している鉄分の補給で症状が改善されますが、悪性貧血の場合も同じ考え方になります。

不足しているビタミンB12や葉酸を補うことで、症状が改善されていきます。ただし、安易にビタミンB12を投与することで完全に治るとは言い切れない部分もあります。

ビタミンB12を投与しても、体にうまく吸収することができなければ意味がありません。

胃にあるべき吸収を助ける因子がなければ、いくらビタミンB12を投与しても無駄なことになるのです。ですから、吸収因子が不足している人には、錠剤ではなく、因子が必要ない筋肉注射をして投与することになります。1日500〜1000μgを1〜2週間続けます。

これでヘモグロビンと赤血球が増加してきますが、2〜3ヶ月に1度、ビタミンB12を投与し続けることで、悪性貧血は完治します。胃の中に、吸収を助ける因子がない場合、この注射を一生涯続けていかなければいけません。

▲ Back Top