あおウサギ先生の貧血診療所
ホームリンクサイトマップ

その他の貧血

これまで挙げた貧血の他に、いくつか原因のはっきりしているものを紹介します。先に紹介した悪性貧血の原因はビタミンB12や葉酸の不足から起こるものでしたが、ここで紹介するものは、手術によって胃を失った場合に焦点を絞って紹介していきます。その他にも、白血病に移行する可能性のある貧血などを取り上げていますので、自分の貧血がどんな治療をしなければいけないものなのか、しっかりと頭に入れておく必要があります。

ビタミンB12・葉酸の欠乏

胃を切除している人は、ビタミンB12の吸収因子が不足するために、結果的にビタミンB12が欠乏してしまいます。

体内には肝臓で約5mgのビタミンB12が貯蔵されていて、1日に必要とする量は1μgです。胃を摘出していると、約5年前後で蓄えられていたビタミンB12がなくなってしまい、貧血の症状が出てきます。

胃の手術を受けた人は、貧血症状が出ていなくても、定期的に貧血の検査をするべきなのです。

一方、葉酸の不足で貧血になることは稀です。緑黄色野菜には葉酸が多く含まれていて、体での貯蔵量はビタミンB12と同じなので1日の必要量が50〜100μgと多いのですが、食事から十分摂取できる量なのです。妊娠するとこの葉酸の消費量がとても多くなりますので、期間をおかずに出産している場合は、葉酸の不足で貧血になる場合があります。

MDS(骨髄異形成症候群)

骨髄異形成症候群は、MDSとも呼ばれます。造血幹細胞の異常により細胞がうまく育つことができないため、形成途中で次々と死滅していきます。

そのため貧血の症状とともに、白血球が少なくなり、血小板も減ってしまいます。70代に多く見られ、経過が長引いて、中には球性白血病に移行するものもあります。

治りも悪く様々な治療を施しても効き目が期待できません。そのため、不応性貧血とも呼ばれる貧血なのです。

MDSの特徴

進行がゆっくり進むため、自覚症状がないままでいる場合があります。MDSと分かるのは、やはり健診などでの血液検査で貧血と診断された場合、白血球が少なくなるために肺炎を起こしたり、抜歯したあとに中々血が止まらないことをきっかけにMDSと分かる場合があります。

名前にある通り、細胞の形が正常でなかったり、わずかですが、白血病細胞がある場合もあります。このわずかな白血病細胞が増加して、白血病へと移行していくのです。

MDSは大きく5つの型に分類されます。

  1. 不応性貧血
  2. 慢性骨髄単球性白血病
  3. 環状鉄芽球を持つ不応性貧血
  4. 5〜20%の白血病細胞を持つ不応性貧血
  5. ごく白血病に近い不応性貧血

▲ Back Top

MDSの治療

年齢も若く体力があって適合者がいれば、骨髄移植をします。これは改善の効果がとても期待できますが、体力のない高齢者には行われません。

近年では、有効な治療法もあり、免疫抑制治療、化学療法、分子誘導療法などで、高齢の患者でも80%以上に改善の効果が見られるようになりました。

これらと一緒に、抗生物質の投与、輸血、血小板の輸血といった、対症療法も行われます。

赤芽球ろう

赤芽球ろうというのは、再生不良性貧血の一つで、赤血球だけが少なくなってしまう貧血です。

再生不良性貧血は、全ての血球が不足しますが、この貧血は赤血球だけです。他の血球の数に異常はありません。にもかかわらず、同じ分類に分けられるのは、この赤芽球ろうが造血幹細胞の異常という、再生不良性貧血と同じ原因で起こることからです。

これには急性と慢性があり、急性のものは薬やウィルスによって赤血系幹細胞がダメージを受けるためだと考えられています。慢性のものは、胸腺に腫瘍ができる場合があり、自己免疫疾患のたぐいと考えられています。

治療は免疫抑制療法が行われます。

▲ Back Top