あおウサギ先生の貧血診療所
ホームリンクサイトマップ

妊娠貧血

妊娠をすると、母体と胎児はへその緒でつながり、母体はそこから栄養と酸素を胎児に送らなければいけません。 そのため、多くの血液が必要となってくるのです。いつもの鉄量だけでは足りなくなるというわけです。

妊娠すると貧血になりやすい?

普段は全く貧血などの症状がないのに、妊娠したとたん貧血症状が出てしまうのはなぜでしょうか?

母体から胎児に栄養と酸素を送るために、大量の血液が必要だということはもうお分かりになったでしょう。

しかし、この他にも妊娠すると『つわり』というものが起きます。つわりにも色々種類があり、食べられないつわりや、何か食べていなければ嘔吐してしまうつわりがあります。問題は前者の食べられないつわりです。食品から鉄分を摂取する量がどうしても減ってしまい、その代わりに体内に蓄えられていた鉄分を使うことになります。その貯蔵してある鉄分も底をついてしまったら、貧血という症状が出てくるのです。

妊娠貧血の危険性

妊娠中は貧血を起こしやすいのですが、ちゃんとした対処をしなければ大変なことになってしまいます。

妊娠中期以降は胎児も急激に成長する時期です。それに伴い、胎児が必要とする鉄分も増えるので、貧血になりやすいのです。貧血のままでいると、臨月を待たずに産まれてしまったり、流れてしまう可能性もあります。無事に臨月まで過ごしたとしても、分娩時の陣痛が微弱になるなどの問題も起こります。

近年では妊娠時の貧血治療が速やかに行われるようになりましたので、このようなことは稀になりましたが、絶対起こらないとは言えないことなのです。

▲ Back Top

妊娠してからの鉄分の必要量

臨月を迎えて出産後しばらくは、生理がないためにその分の鉄分の流出がなくなりますが、生理の血液以上に、妊娠中は鉄分が必要になります。

妊娠時に必要な鉄量は1日8mgと言われています。

内訳は、母体のために450mg、胎盤に80mg前後、胎児に250mg必要になります。多く作られた分の赤血球は、体内にためておく鉄分として回収されることになるので、実際に必要な量は650mgになります。この量を消化器官での鉄分の吸収率を考慮して妊娠期間で割り出すと、1日に必要な量が8mgとなるのです。

出産したあとも、母乳から鉄分は赤ちゃんへと与えられますので、妊娠期間からの失った鉄分を回復させるには、6ヶ月かかると思っていた方がいいでしょう。

妊娠時の治療

妊娠中の貧血治療は、通常時の貧血治療とほぼ同じになります。妊娠中や分娩後、1ヶ月健診などで貧血検査が行われます。

治療の開始は貧血の原因や程度、妊娠の週数や前置胎盤の有無などで医師が判断します。

治療で気をつけること

妊婦さんの貧血治療で気をつけなければいけないことは、妊娠中毒症の人は塩分の量やカロリーの量、タンパクの量に制限があります。

そのため、食事療法を行う場合は医師としっかりとした相談が必要になってきます。食事療法の他に薬での治療も行われますが、この場合も医師の指示に従って、適切な量を守って服用するようにしましょう。また、帝王切開で分娩する予定がある場合、出血が多くなると予想されるときには、自分の血液をあらかじめとって蓄えておく、自己血液貯蔵を行う必要が出てくる場合もあります。

どんな治療や対処をするにしても、医師とよく相談し、分からないことや疑問に思うことは納得いくまでどんどん質問して聞いてみましょう。

母子ともに健康でいられるために

母体が貧血ということは、もちろん胎児にも影響していまいます。胎児へ十分な鉄分を遅れなければ、胎児の発達の遅れが見られたり、生まれてきた赤ちゃんが貧血という事態にもなりかねません。妊娠中から出産後まで、母子ともに健康でいられるためにも、貧血には十分注意しましょう。

つわりで辛い時期もあると思いますが、つわりを乗り越えられたら、貧血のことばかりではなく、バランスのとれた食事をしっかりと摂るよう心がけましょう。

▲ Back Top