あおウサギ先生の貧血診療所
ホームリンクサイトマップ

病気による貧血

貧血といえど、ただのヒンケツではない場合があります。何か病気が原因で貧血を起こしている可能性もあります。貧血の根本的な原因が何なのか、きちんと調べて、病気が隠れていたら、ヒンケツよりも先に、その病気を治していかなければいけません。

腎性貧血

慢性腎不全や人工透析を受けている人のほとんどに見られるのが、この腎性貧血です。腎臓の病気が原因で起こるヒンケツのことです。

腎臓で造られる造血因子が足りなくなって貧血が起こります。

この造血因子はエリスロペエチンといい、赤血球が造られる過程の中で必要な物質ですので、この因子が不足するということは、赤血球も不足するということなのです。

昔の腎性貧血では、人工透析と同時に輸血もしなければなりませんでしたが、現在では、人工的にこの因子を作り出すことができるので、くすりによる治療が可能になりました。現在では、腎性貧血は治ると言われています。

慢性関節リウマチ

慢性関節リウマチでは、患者の60%以上の患者に、軽度〜中程度の貧血がみられます。

重いヒンケツになることはありませんが、様々な原因が考えられており、中でも一番の原因とみられているのが、痛み止めの消炎鎮痛剤が原因となっているものです。

鎮痛剤は胃を荒らす物が多く、そのため胃潰瘍などになり、出血を伴います。この原因の他にも赤血球が壊れやすくなっていたり、うまく赤血球を製造できないなど、様々な原因が考えられています。

▲ Back Top

膠原病

膠原病にも様々な種類がありますが、全身性エリテマトーデスなどの膠原病では、貧血の症状が見られる場合があります。

溶血性貧血になると、赤血球が壊れやすくなってしまっているので、貧血の症状もひどくなります。治療としては、ヒンケツの治療ではなく、膠原病の治療を行います。

それによってヒンケツの症状も改善されますが、完全ではありません。鉄欠乏性貧血の場合は、鉄剤を服用することになります。

肝臓・消化器系

貧血が合併症として現れる病気に、肝炎、肝硬変、肝がん、消化器系の胃かいようや十二指腸かいよう、消化器系のがんなどがあります。

肝硬変を患っている場合、食道静脈瘤破裂が原因と考えられ、消化器系の場合は、患っている患部からの出血が原因と考えられています。これらの病気の場合、貧血検査は大変重要な意味を持ちます。

病気が分からず、貧血の検査を受けて、病気が見つかる場合もあります。病気のせいで大量の出血をしてしまった場合は、輸血が必要になることもあります。

鉄欠乏性貧血の場合、やはり鉄剤が用いられて治療されます。それ以外に、アルコール性肝硬変の場合は葉酸が足りなくなりますし、他の肝臓の病気でも、骨髄で赤血球が造られる機能が低下して赤血球自体が壊れやすくなったりして貧血を起こします。

しかし、これらの場合は貧血の症状も軽く、先に病気治療に専念することになると思います。ヒンケツの症状は経過観察ということになるでしょう。

悪性腫瘍

がんの患者さんにも貧血は多く見られる症状です。慢性的に患部から出血のある胃がんや大腸がんなどに多く見られます。

鉄欠乏性貧血の症状が多いのですが、出血が認められなくても、がんが進行するとヒンケツの症状が出てくることもあります。

この原因は、がんの進行により、鉄を利用することができなくなってしまい、少しずつ貧血が進んでいくと考えられています。貧血の症状は強くありませんが、がんが骨髄まで転移すると、その症状は強くなっていきます。

抗がん剤を使用している患者さんでも、薬の作用で骨髄で赤血球を造る働きが抑えられてしまうため、貧血になってしまう場合があります。こうなると輸血しなければならないケースもあります。

▲ Back Top